知っておきたい!霊視によるオーラを見る方法の活用法|The Spirituality
HOME>イチオシ情報>知っておきたい!霊視によるオーラを見る方法の活用法

人によって違う

芸能人や著名人によく使われる表現に「オーラ」があります。「やっぱりオーラが違う」などと表現されていますよね。芸能人ではなくても、身近な人で「場の空気が変わる」「華がある」と言われる人がいるのではないでしょうか。その目に見えない雰囲気こそが「オーラ」と呼ばれるものです。オーラを見る方法は、霊視ができるなど、限られた人でなくても、訓練すれば見える方法があるといわれています。オーラは人それぞれ独特の色や大きさを持っていて、健康状態や、精神状態で変化するものですが、基本的な色がありますので、その色で性格判断などを行います。

どんなふうに活用するのか

霊視などでオーラを見る方法で、具体的にはどんなことがわかるのでしょうか。例えば、深い怒りを抱えている人は、赤黒いオーラを発していますし、病気などで体調が悪い時は、グレーなど暗い色を放っています。特に疾患のある部分は暗くなっていますので、どの部分が悪いのかが分かります。色にはそれぞれに意味があり、それに当てはめながら鑑定を行います。この方法で、性格や相性、運勢などが読み取れます。また、生きているものだけでなく、場所にもオーラは存在します。痛みや悲しみなどの強い感情が、その場所に残ってしまうことがあるのです。そういう場所に行くと、なぜが悲しくなったりイライラしてしまったりという事が起きます。

自分を守る

新しい家や、マンションなどは安心ですが、賃貸などの場合は前の住人のオーラが残っている場合があります。そうした場合は、とにかくまめに掃除をする方法があります。掃除をする時にポジティブな意志を強く持って「家族のあるいは自分のための安全な場所」と念じながら掃除をしましょう。そうすることで、自分のオーラを定着することができ、安心した居心地のよい空間になります。霊視でオーラを見る方法をマスターしている人に、場のオーラを見てもらうこともできますが、自分でもできますのでぜひ楽しみながらやってみてください。

自分を癒すために

霊視によるオーラを見る方法で、役立つことは他にもあります。例えば、少し心が疲れてしまって元気が出ない時などは、洋服や小物などに優しいオレンジ色などを加えます。オレンジ色は活力を現す色なので、疲れた心を自分でも知らないうちに癒してくれるでしょう。このような方法でオーラの色を補って、幸せな毎日を過ごしたいものです。

広告募集中